戒名(かいみょう)とは、仏様のお弟子様としてのお名前です。

仏教徒として、仏教を正しく信仰します、と心に誓った証として授かります。

 

生前戒名と言い、ご自身が元気なうちにお寺から戒名を頂くのが本来のあり方でしたが、

生前にそのようなご縁をいただかれず命の営みを終える方が多いので、

今日ではお葬儀の際に授与されるのが一般的となっています。

 

 

正しい授戒をすると、諸々の仏様と同じところへと入ることができ、

それは大いなるお悟りと同義で、

仏様のお弟子様として安らかでおだやかな境地をいただかれるのです。