小平霊園は東京都の公営霊園です。

お墓の前で法事や法要を行うことが出来ます。

 

法事・法要は故人の冥福を祈り供養をするための仏教行事で、特にお墓の前で行う法事をお墓経、墓前法要などと言いますが、

以下に主な法事や法要をご紹介いたします。

 

法事

49日忌、1周忌、3回忌、7回忌、13回忌、17回忌、23回忌、27回忌、33回忌、37回忌、50回忌など。

ご命日を基準にして節目の年に感謝の祈りをささげます。

 

ご埋葬・納骨式

故人のご遺骨をお墓などへ納める際の法要です。ご法事やお墓開きなどに合わせて行うこともできます。

 

開眼式

入魂式とも呼ばれます。お墓などを新しく求められた際に行う、魂入れの儀式です。

 

閉眼・魂抜き

お墓じまい、お墓を事情により処分される際に行う墓石の魂抜きのご供養です。

 

Q法要のできる時間帯は何時から何時ですか?

小平霊園の開園時間は夏期(4月1日~9月30日) 7:30~18:30(入場は18:00まで) 、冬期(10月1日~3月31日)7:30~17:00(入場は16:30まで)です。

法要は10時~15時の間に行うのが一般的でしょうか。霊園管理事務所は8:30~17:15までとのことです。

 

Q合葬墓での法要は可能ですか?

小平霊園の合葬埋蔵施設使用者の方に限り大丈夫です。

献花台前の参拝広場にてご法要が可能です。

ただし、他の利用者様もおられるため、事前に霊園管理事務所への届け出が必要となります。

詳しくは小平霊園管理事務所へお問い合わせ下さい。

 

Q樹木葬での法要は可能ですか?

小平霊園の樹木型合葬埋蔵施設使用者の方に限り大丈夫です。献花台前の参拝広場にてご法要が可能です。

ただし、他の利用者様もおられるため事前に霊園管理事務所への届け出が必要となります。詳しくは小平霊園管理事務所へお問い合わせ下さい。

 

 

■小平霊園情報(公式HPより)

西武新宿線の小平駅から線路沿いに堂々としたケヤキ並木の表参道が正門まで続きます。荘重な趣の伝統的な墓地と緑の芝に覆われた明るい墓地、新しい形の合葬式墓地などが広々とした墓域に配置され、周囲を樹林帯が囲んでいます。総面積のうち約半分が墓所で、樹林や草地、並木道が広がり。北側には武蔵野の面影をとどめる雑木林があります。開設は昭和23年で、面積は約65ヘクタール。

●草木
主要園路にはケヤキ、サクラ、めずらしいリギダマツ(三葉松)などが植えられ、緑の回廊を作っています。また東側は明るい芝生地になっています。新青梅街道沿いには雑木林が広がり、今も豊かな自然の姿を残しています。
所在地 〒189-0012 東村山市萩山町1-16-1
開園年月日 昭和23年5月1日
面積 653,545㎡

 

■アクセス■

西武新宿線小平駅から徒歩5分