あー寒い寒い!

東京めっちゃ寒いわぁ。

午前の仕事が終わって、電車降りたらもう14時。

腹も減ったし、よし、昼飯にするか。

 

とある手延べうどんのお店。温かい天ぷらうどんがおいしそうでね。

 

いらっしゃいませーっ。

氷水とともに店員さん登場。

 

温かいお茶とかじゃないのね(笑)

 

まぁいいや、さっそく注文。

海老天うどんください。

 

汁なしですがよろしいですか?

え?汁なし?

 

メニューをよく見たら汁なしうどんって書いてある!

 

ちょっと待って下さい!

 

すかさず温かいかけうどんに変更しようとするが、え!?エビ天うどんがない!!!

 

あたふたしてる僕を見て店員さんが、

ざるうどんの「温」はかけうどんでご用意できます。

 

あーそうなの、それ書いといてよね。分かりやすく。それにこんな寒い日にざるうどん見たらもっと寒くなるし。

メニューの表記って大事だなぁ

 

お待たせしました。

はい、どうもどうも。

よっしゃー!では頂きます。

 

あれ?味うすっ!!

うどんのつゆ、味が薄いよ!?

 

では別皿の天ぷらを頂きますか。

うそ!?天ぷらも味気ないぞ!!

 

全然おいしくない、

いや、おいしくないわけではない。

正しくは、思った味と違う!

 

食べてる間、次々に渦巻く不満の感情。

全くおいしく感じない。

 

不完全燃焼やわぁ、

定番メニューって大事なのに、この店もったいない。

 

子どもの頃から食べてきたあの味が食べたいのに、品川という土地柄か変にこだわってるお店、目新しさを意識して変化球で勝負してるんかな。

 

 

あれ?自分はどうなの?

 

皆様定番のサービスを求めているかもしれないのに、変にこだわりすぎちゃいないか?

ネット表記の仕方、電話対応、現場でのサービス、会話、お話し、服装、身だしなみ、などなど。

 

全部本当に求めているものが提供できているのかね?

 

これは大事なことに気付かさせてもらいました。

天ぷらうどん850円。

めっちゃ勉強になりました。

 

ありがとう!うどん屋さん!!